CENTER:#select_fsize

活動

活動方針

この法人は前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。

  1. 森林・里山の自然エネルギーを活用し、森林・里山の活性化をはかる活動。

  2. 森林・里山で産出される木質系燃料の規格化を推進し再生可能エネルギーの安定供給を普及させる活動。

  3. 森林・里山で産出される木質系燃料を使用した燃焼機器の普及・促進活動。

  4. 森林・里山の自然エネルギー循環型システムの構築及びCO2吸収量増大の間伐・植樹・植林の推進活動。

  5. 森林・里山の自然エネルギー・環境セミナーの開催及び視察・講習等参加活動。

  6. 国内外の森林・里山の自然エネルギー資源利用情報収集等に関する調査・参加活動。

その他上記各号の目的を達成するために必要な事業活動。

活動実績

A) 環境省の気候変動キャンペーン 
「Fun to Share ~みんなでシェアして、低炭素社会へ。~」に賛同し
「里山の森林を育んで、低炭素社会へ。」を宣言しました。 
サイトはこちらをクリックしてご覧ください。

1) 2018年11月10日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
活動時間30分繰り下げて6:30~8:00の作業です。
今回は雨が降りそうな中、下草刈りと造林地で間伐を行い本数確認を行いました。

画像の説明 画像の説明
前回に続き下草刈り作業。

画像の説明 画像の説明
そして造林地で除伐作業と本数の確認です。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

2) 2018年11月10日 千葉支部
「第16回薪割倶楽部in山武」
千葉県山武市にて除伐原木材を薪燃料にします。

画像の説明 画像の説明
日中、汗ばむ陽気の中、全9家族での協同作業です。

画像の説明
少々バテ気味でしたが、協力して沢山の薪を作りました。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

3) 2018年10月27日 新潟支部
「加治川を愛する会」主催による
加治川左岸米子桜橋のたもとでソメイヨシノ苗木植樹です。

画像の説明 画像の説明
植樹の説明を受けます。

画像の説明 画像の説明
全部で15本の植樹を行いました。

画像の説明
参加された皆さんお疲れ様でした。

4) 2018年10月27日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
並松広場周辺での下草刈り作業です。

画像の説明 画像の説明
大勢で作業するとあっという間にきれいに・・・

画像の説明 画像の説明
自生の松も大きくなった様な気が・・・。
その横には広葉樹のアベマキも自生で育ってます。
この地にはアベマキが自生で群生している所があるほど多い樹です。

画像の説明
参加された皆さんお疲れ様でした。

5)2018年10月15日 新潟支部
「加治川を愛する会」が植樹した桜が何らかの原因で枯れたので
新潟支部で伐採作業です。

画像の説明 画像の説明
枯れた6本を伐採します。

画像の説明 画像の説明
伐採された桜は薪燃料となります。

画像の説明
参加された皆さんお疲れ様でした。

6)2018年10月13日 新潟支部
nop紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
今回も下草刈り作業です。この地道な作業こそが大切です。

画像の説明 画像の説明
この辺は自生の松が群生しています。
その周辺の下草を刈ります。

画像の説明
参加された皆さんお疲れ様でした。

7)2018年9月22日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
通称並松広場周辺,前回の続きで下草刈りです。
前回に続き雨での作業でした。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

8)2018年9月8日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
通称並松広場 周辺の森で下草刈りです
当日雨降りでしたがいつものメンバー頑張ってました

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

9)2018年8月25日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクト活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
赤松林管理地(通称並松広場周辺)で
今年度同じ場所での3度目の下草刈りです。

画像の説明 画像の説明
下草刈り周辺では実生の松が育ち始めてます。

画像の説明 画像の説明
下草がなくなることで地表に光が届き実生の松が
育ちやすくなった様です。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

10)2018年8月11日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。
造林地までの道路の下草刈りと
造林地の下草刈り・間伐・枝うち作業を行いました。

画像の説明 画像の説明
道路下草刈り作業

画像の説明 画像の説明
造林地での作業

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

11)2018年7月28日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。
通称並松広場周辺の下草刈りと
刈り払い機等の作業を安全に行うための講習会を行いました。

画像の説明 画像の説明
下草刈り作業

画像の説明 画像の説明
安全講習会

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

12)2018年6月23日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
活動名称の「キダケ」とはシメジの仲間の「キシメジ」の事で
地元では黄色いキノコなので「キダケ」と呼んでいます。
「キダケ」は赤松が大きくなる前の雑菌が少ない苔の下から出てきます。
この「キダケ」が復活できる環境をつくるのが活動の一つです。

画像の説明 画像の説明
まずは作業道の下草刈りです。

画像の説明 画像の説明
そして松林の下草刈りと造林地で蕨を抜く駆除作業。
「キダケ」の菌が出やすくします。

画像の説明 画像の説明
休憩後、蕨を抜く駆除作業の再開です。

画像の説明
近くには巣立ちしたオオタカが・・・
この里山には自然がいっぱいです。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

13)2018年6月16日 新潟支部
新潟県さくら森林組合主催の新発田市・胎内市にまたがる
「日本で一番小さい山脈」櫛形(くしがた)山脈での大峰山森林整備に参加です。

画像の説明 画像の説明
小雨の降る中での作業となります。

画像の説明 画像の説明
車での移動は途中まで。後は徒歩で移動です。

画像の説明 画像の説明
かなり奥まで進み、作業予定地に着くころには体力に限界が・・・

画像の説明 画像の説明
今回の作業予定地は橡平(トチダイラ)エリア
山桜がとてもきれいなところです。

画像の説明 画像の説明
下草や柴刈りを行います。結構な斜面で足を踏ん張りながらの作業です。

画像の説明 画像の説明
柴刈りをすると、いい感じに光が差込んで来ました。

画像の説明
参加の皆さん、お疲れ様でした。

14)2018年6月9日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。

画像の説明 画像の説明
まずはミーティングと作業前点検

画像の説明 画像の説明
並松広場周辺で実生の松に竹の棒立て

画像の説明 画像の説明
刈払機で下草刈りそして倒木をチェンソーで処理
管理されてる松林でワラビの駆除と以上の作業をしました。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

15)2018年6月2日 埼玉支部
埼玉県所沢市三ケ島地区において、狭山丘陵の森レスキュー隊主催の
「まき市場」3回目が行われ協力参加しました。

画像の説明 画像の説明
今回は薪割り班と草刈り班に分かれ作業を行います。
草刈り班はエンジン仮払機で雑草を除去。結構な労働でした。

画像の説明 画像の説明
薪割班は前回残った原木切玉をエンジン薪割機で割り、薪燃料を製作します。

画像の説明 画像の説明
昼食をはさんで午後には参加者で協力して車に薪燃料を積み込みました。

画像の説明
草刈りも進みフィールドも気持ち良い環境になりました。

画像の説明 画像の説明
この三ケ島地区も「トトロの森」と隣接しており、フィールドも大分綺麗に。
所沢市により新しい案内看板も設置されました。

画像の説明
参加者の皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。

16)2018年5月26日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクト
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。
通称並松広場周辺での下草刈り作業です。

画像の説明 画像の説明
朝一番のミーティング。 そして刈払機の使用前点検です。

画像の説明 画像の説明
下草刈り作業前に実生の松を刈らないように目印の棒差しをします。

画像の説明 画像の説明
そして下草刈り。 冬の風で倒れた松をチェンソーで玉切りをします。

画像の説明
日の出も早くなり清々しい天気で作業環境が良くなり作業が進みました。
参加の皆さんお疲れ様でした。

17)2018年5月2日 埼玉支部
埼玉県狭山市入曽地区にて2回目の除伐原木材の処理を行いました。

画像の説明 画像の説明
前回に続き今回は、切株の処理です。

画像の説明 画像の説明
樹木はコナラです。
切株をチェンソーでカット。
最後はトラックに積み込み終了です。

画像の説明
参加者の皆さん、お疲れ様でした。

18)2018年4月30日 埼玉支部
埼玉県毛呂山町の埼玉支部裏貯木場にて除伐材の処理を行いました。
除伐材を参加者と協力して薪燃料にして行きます。
参加人数は、老若男女そしてお子様合わせて総勢53人の参加でした。

画像の説明 画像の説明
樹木の種類は25㎝~30㎝のナラ、コナラ、カシ、ケヤキ、サクラ等です。

画像の説明 画像の説明
皆さん安全を心得て薪割りを開始。
協力して交代でがんばります。

画像の説明 画像の説明
5台の薪割機の稼働で瞬く間に薪燃料が生産されました。

画像の説明 画像の説明
~ランチタイム~
2台の「アウトドアオーブン」でピザを焼きます。

画像の説明 画像の説明
参加者全員でおいしく頂きました。

画像の説明
子供たちも大満足。

画像の説明 画像の説明
午後になり薪割りを再開。

画像の説明 画像の説明
沢山の薪燃料は皆さん協力して各々の車に積み込みます。
各自帰ったら乾燥に乾燥を施します。

画像の説明
怪我もなく無事に終了。
参加者の皆さんお疲れ様でした。

19)2018年4月28日 新潟支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクトの活動報告です。
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させるための活動を行っています。
通称並松広場周辺の下草刈りや倒木の処理を行いました。

画像の説明 画像の説明
朝6時 まだ肌寒い中、まずはミーティング。

画像の説明 画像の説明
分散して下草刈りです。

画像の説明 画像の説明
強風で倒れた赤松は、チェンソーで玉伐りにします。
玉伐りにした丸太は、後日薪に・・・。

画像の説明
たっぷり2時間かけ作業は終了。

画像の説明
参加の皆さん、お疲れ様でした。

20)2018年4月28日 千葉支部
千葉県山武市にて除伐材の処理を行いました。
今回で15回目となる会になります。

画像の説明
初夏を感じさせる陽気の中での作業です。
約1年ほど寝かせたケヤキの丸太を薪燃料にします。
生木とは違い割りやすく、1㎥もの薪燃料が出来ました。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

21)2018年4月21日 本部
茨城県にて除伐材の処理を行いました。

画像の説明 画像の説明
天気も良く絶好の作業日和
ここに住み着いているという主がお出迎え
(この主、かなりの強者らしい・・・)

画像の説明 画像の説明
樹種はカシ・ケヤキ・ナラなどの広葉樹です。

画像の説明 画像の説明
玉伐り班・薪割り班・運搬班に分かれての作業。

画像の説明 画像の説明
テンポ良く作業は進み、薪燃料が沢山出来ました。
そしてそれぞれの車へ積み込みます。

画像の説明
怪我もなく笑顔?で終わることが出来て何よりです。
参加の皆さん、お疲れ様でした。

22)2018年4月19日 埼玉支部
埼玉県狭山市入曽地区にて除伐原木材の処理を行いました。
今回は広いエリアにまたがっての作業です。

画像の説明 画像の説明
樹木は太さ30㎝級のコナラです。
まずはチェンソーで約90㎝の原木を25~30㎝にカットしました。

画像の説明 画像の説明
1輪車、切玉台車が活躍します。

画像の説明 画像の説明
そして協力して各々の車まで切玉を運び積込みます。
各自帰ったら、薪燃料の製作です。

画像の説明 画像の説明
切株を残して殆どが綺麗になりました。
この切り開いた林では萌芽更新が少し進んでいました。
数十年後にはまた大きく育ち、林になるでしょう。

画像の説明
参加者の皆さま、お疲れ様でした。

23)2018年4月14日 埼玉支部
埼玉県所沢市三ケ島地区にて、狭山丘陵の森レスキュー隊主催による
「狭山丘陵 里山整備&まき市場」に共催、協力参加しました。
今シーズン2回目の開催となります。

画像の説明 画像の説明
薪燃料にする樹木は、ケヤキ、サクラ、ニセアカシアの原木です。
今回は原木玉切り班と薪割り班そして下草刈り班の3班に分かれての作業です。

画像の説明 画像の説明
下草刈り班は雑草を刈払機で排除。
原木玉切り班はチェンソーで25から30㎝の長さにカットします。

画像の説明 画像の説明
薪割り班は2台のエンジン薪割機を稼働させ、沢山の薪燃料を製作しました。

画像の説明 画像の説明
製作した薪燃料は参加者の皆さんで協力して各々の車に積み込みます。

画像の説明
休憩中、この時期の旬のタケノコを収穫し、参加者の皆さんで分けました。
薪とタケノコの収穫。最高の森林の恵みです。

画像の説明
参加者の皆様おつかれさまでした。

24)2018年4月7日 埼玉支部
埼玉県毛呂山町にて除伐林の伐倒処理を行いました。
林道にかかり車が通れないために除伐となりました。

画像の説明
樹木は太さ50㎝級のアラカシとその周りの雑木です。

画像の説明 画像の説明
まずは依頼主の地主さんにより、お酒とお塩でお浄めをしました。
そしてチェンソーで受け口を作り、さらに追い口を切り込み見事に伐倒。

画像の説明 画像の説明
倒した原木は30cmの切玉にカット。
後日、薪燃料の製作となります。

画像の説明 画像の説明
トラック1台分となりました。

画像の説明
この森林は、当方NPOと地主さんとでゆっくり森林整備を行う予定です。
参加者のみなさま、お疲れ様でした。

 
29年度活動実績はこちらへ

28年度活動実績はこちらへ

27年度活動実績はこちらへ

26年度活動実績はこちらへ