文字サイズ:

活動

活動方針

この法人は前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。

  1. 森林・里山の自然エネルギーを活用し、森林・里山の活性化をはかる活動。

  2. 森林・里山で産出される木質系燃料の規格化を推進し再生可能エネルギーの安定供給を普及させる活動。

  3. 森林・里山で産出される木質系燃料を使用した燃焼機器の普及・促進活動。

  4. 森林・里山の自然エネルギー循環型システムの構築及びCO2吸収量増大の間伐・植樹・植林の推進活動。

  5. 森林・里山の自然エネルギー・環境セミナーの開催及び視察・講習等参加活動。

  6. 国内外の森林・里山の自然エネルギー資源利用情報収集等に関する調査・参加活動。

その他上記各号の目的を達成するために必要な事業活動。

活動実績

A) 環境省の気候変動キャンペーン 
「Fun to Share ~みんなでシェアして、低炭素社会へ。~」に賛同し
「里山の森林を育んで、低炭素社会へ。」を宣言しました。 
サイトはこちらをクリックしてご覧ください。

1)2018年4月14日 埼玉支部
埼玉県所沢市三ケ島地区にて、狭山丘陵の森レスキュー隊主催による
「狭山丘陵 里山整備&まき市場」に共催、協力参加しました。
今シーズン2回目の開催となります。

画像の説明 画像の説明
薪燃料にする樹木は、ケヤキ、サクラ、ニセアカシアの原木です。
今回は原木玉切り班と薪割り班そして下草刈り班の3班に分かれての作業です。

画像の説明 画像の説明
下草刈り班は雑草を刈払機で排除。
原木玉切り班はチェンソーで25から30㎝の長さにカットします。

画像の説明 画像の説明
薪割り班は2台のエンジン薪割機を稼働させ、沢山の薪燃料を製作しました。

画像の説明 画像の説明
製作した薪燃料は参加者の皆さんで協力して各々の車に積み込みます。

画像の説明
休憩中、この時期の旬のタケノコを収穫し、参加者の皆さんで分けました。
薪とタケノコの収穫。最高の森林の恵みです。

画像の説明
参加者の皆様おつかれさまでした。

2)2018年4月7日 埼玉支部
埼玉県毛呂山町にて除伐林の伐倒処理を行いました。
林道にかかり車が通れないために除伐となりました。

画像の説明
樹木は太さ50㎝級のアラカシとその周りの雑木です。

画像の説明 画像の説明
まずは依頼主の地主さんにより、お酒とお塩でお浄めをしました。
そしてチェンソーで受け口を作り、さらに追い口を切り込み見事に伐倒。

画像の説明 画像の説明
倒した原木は30cmの切玉にカット。
後日、薪燃料の製作となります。

画像の説明 画像の説明
トラック1台分となりました。

画像の説明
この森林は、当方NPOと地主さんとでゆっくり森林整備を行う予定です。
参加者のみなさま、お疲れ様でした。

 
29年度活動実績はこちらへ

28年度活動実績はこちらへ

27年度活動実績はこちらへ

26年度活動実績はこちらへ