文字サイズ:

活動

活動方針

この法人は前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。

  1. 森林・里山の自然エネルギーを活用し、森林・里山の活性化をはかる活動。

  2. 森林・里山で産出される木質系燃料の規格化を推進し再生可能エネルギーの安定供給を普及させる活動。

  3. 森林・里山で産出される木質系燃料を使用した燃焼機器の普及・促進活動。

  4. 森林・里山の自然エネルギー循環型システムの構築及びCO2吸収量増大の間伐・植樹・植林の推進活動。

  5. 森林・里山の自然エネルギー・環境セミナーの開催及び視察・講習等参加活動。

  6. 国内外の森林・里山の自然エネルギー資源利用情報収集等に関する調査・参加活動。

その他上記各号の目的を達成するために必要な事業活動。

活動実績

A) 環境省の気候変動キャンペーン 
「Fun to Share ~みんなでシェアして、低炭素社会へ。~」に賛同し
「里山の森林を育んで、低炭素社会へ。」を宣言しました。 
サイトはこちらをクリックしてご覧ください。

1)2019年5月25日 新潟県支部
npo紫雲「キダケの森」復活プロジェクト里山保全活動
先代が守り育んできた赤松の森(やま)を復活させる為の活動を行っています。
活動の名称「キダケ」とはシメジの仲間「キシメジ」の事で地元では
黄色いキノコなので「キダケ」と呼んでいます。
この「キダケ」が復活できる環境をつくるのも活動の一つになります。

画像の説明 画像の説明
活動場所は新発田市五ケ字地内松林 通称「キダケの森」
例年の一カ月遅れの今シーズン初作業です。
天候に恵まれましたが、朝まだまだ寒い日が続きます。

画像の説明
大勢のメンバーが参加の中、今回は初の参加者も・・・
一回参加したらもうメンバーです。離さないぞ!

画像の説明 画像の説明
実生の松や実生の広葉樹伐らないように慎重に草刈りです。

画像の説明 画像の説明
大勢参加されたので作業はかどりました。

画像の説明
参加されたみなさんお疲れ様でした。

2)2019年5月11日 本部
ようやく葉桜になるかなという岩手県葛巻町で行われました
第20回葛巻町植樹祭に参加しました。
参加者:石川理事長・竹川副理事長・須藤副理事長・園部支部長・佐藤支部長
増田会員・遠藤会員・小澤会員・富井会員 (順位不同)

画像の説明 画像の説明
この日の朝の最低気温は-1°・・・寒くて目が覚めました。
日中の気温は20°で、爽やかな天候。絶好の植樹日和です。

画像の説明 画像の説明
植樹会場までは徒歩2~3分。
体力は使い切らずに済みました。

画像の説明 画像の説明
今回はヤマザクラ300本を地元の子供達と共に植樹します。

画像の説明 画像の説明
子供達の真剣な眼差し・・・
明るい未来になることを願います。

画像の説明 画像の説明
植樹が終わった後は、お楽しみのBBQ!
ここ葛巻町の山の恵みと大地の恵みに感謝し、いただきます。

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

3)2019年5月5日(こどもの日) 埼玉県支部
埼玉県毛呂山町の貯木場にて除伐材の処理を行いました。
参加者と協力をして薪燃料にします。

画像の説明 画像の説明
参加人数はスタッフ含め70人弱。
皆さんで協力して作業を進めて行きます。

画像の説明 画像の説明
5台の薪割機をフル稼働させ、効率よく作業は進みます。

画像の説明 画像の説明
お昼休憩には薪で焼いたピザなどを参加者全員でいただきました。

画像の説明 画像の説明
午後になり薪割りを再開。

画像の説明 画像の説明
皆さんで協力して出来た薪は、それぞれの愛車に積込みます。

画像の説明
怪我もなく無事に終了です。
参加の皆さんお疲れ様でした。

4)2019年4月29日(昭和の日) 福岡県支部
熊本県阿蘇郡南小国町にて薪作り体験会を行いました。
南小国町が進める山間部森林資源の有効活用と薪作り体験会の主旨に賛同し
市や地域有志のご協力の元、毎年実施しています。(今年で9回を数えます。)
特に、北斜面の活用価値が低い自生原木を伐採することで、
広葉樹林の活性化を図ります。

画像の説明 画像の説明
参加人数は、全体で45名(内子供15名)
九州一円の薪ストーブユーザーを中心に
チェーンソーや薪割り機を使用して薪作りの全てを体験します。

画像の説明 画像の説明
適切なサイズに割られた薪は、参加者が分担して持ち帰り
乾燥後に薪ストーブの燃料として有効に消費します。

画像の説明 画像の説明
薪作りを経験したユーザーは、各地元で入手し易い原木を
調達して、薪作りを実践して行く事が最終的な目的です。

画像の説明 画像の説明
特に、都心部では街路樹や公園樹木を伐採した産廃が、原木の中心となります。
これは、非常に有効な産廃の活用方法で、ゴミをエネルギーに変換する
極めてシンプルな仕組みではないでしょうか。

画像の説明
この仕組み作りをモデル化して、活動の拡充を目標としていきます。

5)2019年4月20日 本部
茨城県にて薪割り体験会を行いました。
県内で伐採された原木を薪にします。

画像の説明 画像の説明
気候もよく絶好の薪づくり日和となりました。

画像の説明 画像の説明
作業は玉伐り・薪割り・運搬にそれぞれ分かれての作業。
効率よく作業は進みます。

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明
それぞれの愛車に積込み作業は終了です。
(帰ってから降ろす作業が残ってますが・・・)

画像の説明
参加の皆さんお疲れ様でした。

6)2019年4月17日 埼玉県支部
埼玉県毛呂山町の貯木場にて原木玉切作業を行いました。

画像の説明 画像の説明
原木の数があるので、前回と同じく本部へ応援要請。

画像の説明 画像の説明
段取りよく作業は進みます。

画像の説明 画像の説明
そこそこの数の丸太が出来ました。

画像の説明
皆さんお疲れ様でした。

30年度活動実績はこちらへ
 
29年度活動実績はこちらへ

28年度活動実績はこちらへ

27年度活動実績はこちらへ

26年度活動実績はこちらへ